30代でもデザイナー求人に採用された方はたくさんいる

30代でもデザイナー求人に採用された方はたくさんいる

近年は一言でデザイナーといっても、インテリアデザイナー、ゲームデザイナー、フラワーデザイナー、WEBデザイナーなど様々な分野に及び、それぞれの世界で大変多くの方々が活躍されています。そして、多くの方々がデザイナーを目指しているのが実情なのです。しかし、デザイナーという専門職は非常に人気が高く、さらに技術を身に付けた方も多いのが特徴であるために、求人に対して多くの方の応募が殺到することも多いのです。実際には需要が供給に追い付いていないために、デザイナーの求人はその競争率が極めて高くなる傾向にあります。また、若くて新鮮な発想を要求されることも多いために、例えば、同じくらいのスキルがあったとしても、年齢的な側面から考えて、若い人を採用するということがほとんどなのです。そのため、最近では「今はまったく異なる業界で働いているけれども、昔からデザイナーになるのが夢だったので、転職を考えている」といった場合も年齢的な側面で不採用になってしまうケースもおおいのです。一般的には20代であれば採用される可能性は高まるのですが、30代では急に厳しくなるのが現実なのです。しかし、何事においてもそうですが、「30代だからデザイナーへの転職は無理」と決め付けてしまうと、前へは進んでいきません。実際には30代でデザイナーに転身した方もたくさんいらっしゃいます。求人に対して積極的に応募し、どうしてもデザイナーになりたい気持ちを伝えることが大切なのです。

新着情報

おすすめサイト

関連情報